コドミンは何歳から飲めるの?

あなたは子供について悩みはありますか?なぜか他の子と違う場所にいたりする。
興味が違う、ひとつのおもちゃで遊ばないで、めちゃくちゃにする。
当り散らす、すぐに癇癪を起こす。絶叫するなどです。これは多動性の始まりか
すでにストレスで一杯一杯になっているかわいそうな状況かも知れませんね。

親に当り散らす子はまだわかりやすくて良いです。一番ダメなのが、親が
多動症を知らずに、子供を叱ってばかりいることです。それで、子供の将来が
台無しになっているなんて大げさな!と思うかも知れませんが、子供時代の
トラウマや、自分は出来ない子、ダメな子、という洗脳は何十年経っても
消えることがないと言われますよね。

コドミンの摂取時期は、幼稚園や保育園などに入学が始まる頃あたりと
よく言われています。なぜなら、集団で何かをする、ルールを守る、
先生の言うことを聞く、忘れ物をしない、決められたことを記憶するなど
これまでとの生活ががらりと変わり、それについていけない子もたくさん
いるからです。早生まれの子は幼稚園時代は相当辛いと思われます。

1年前に生まれた子と同じことをさせられるわけですから、知能の差なども
歴然でしょう。それにストレスを感じて癇癪をおこす、緊張状態を強いられる、
熟睡できないなど、いろんな問題に直面するかも知れません。ひょっとしたら
根が優しい子は親に隠そうとするかもしれません。

でも、親ならよ~く子供を観察して、コドミンを食べさせてあげてくださいね。
コドミンは多動症だけに効くサプリメントではありません。集中力や
記憶力、反射神経などにも効きますので、普通の子が食べても何ら
問題がないのです。

ただし、美味しいラムネ味なので1日の摂取量を
ちゃんと守れるかどうかが問題となってきます。そこは親が保管・管理を
きちんとして、余計な問題とならないように気をつけてくださいね。

コドミン摂取量1粒にはホスファチジルセリン100mgが含まれており、
1日に1粒~2粒と決まっているからなのです。というのも、コドミンには葉酸も
含まれていて、葉酸は厚労省の上限摂取量が1,000μmなのです。他のサプリも
摂取している場合は要注意です。

コドミンは薬ではありません。あくまでも健康食品サプリメントなので、
飲んで良いことはあっても、害はないと思いますので、是非早めに何も感じなくても
摂取してみてはいかがでしょうか?

⇒コドミンの情報をもっと!という方はこちらから!

この記事へのコメント